inPersona dAppのナビゲーション

  • ホーム: dAppを開くと、ホームページが表示され、そこで自分のNFTを確認することができます。上部の右側には利用可能なUSDVが表示され、左側にはプロフィールページへのアクセスがあります。

NFTの表示のすぐ下には、報酬の詳細が表示されます。画面右側の「Yesterday (昨日)」をクリックし、調べたい時間帯を選択すると、報酬の履歴を見ることができます。

画面下部には、dAppの各セクションに対応する4つのアイコンが配置されています。

  • Walletウォレット):左から2つ目、ホームアイコンの隣がウォレットページです。クリックすると、walletページに移動します。Spending Walletのページが表示され、そこで利用可能なトークンを確認することができます。USDC (USD Coin)、USDV (Vyvo USD)、BUSD (Finance-Peg BUSD Token)です。ページの上部には、2つのタブ、Spending とWalletがあります。Walletをクリックすると、ページが入れ替わります。また、画面上で指を水平にスライドさせると、ウォレットのページを入れ替えることができます。

ここでは、「アクティブ(有効)」なウォレットがすべて表示され、追加や削除、トークンの送信受信スワップなどのアクション、好みのチェーンを選択するオプションがあります。

  • dAppブラウザ:左から3番目のアイコンは、dAppブラウザのアイコンです。クリックすると、dAppブラウザのページが表示されます。

ここでは、ブラウザの履歴を確認したり、ページの上部にあるリンクをクリックして、inPersonaショップを訪問することができます。 

  • HealthFiSocialFi:右側のアイコン(最後のアイコン)をクリックすると、Hub Consoleを管理するためのHealthFiSocialFiのページに移動します。

このセクションの記事